万化を楽しむ!

アラサーリーマンが日々思いついた事を書き殴ります。妻も私もオタクな為、オタク関連多めです。

噂の星乃珈琲店へ行ってみたよ。

f:id:LuckyWhale:20141214210055j:plain

ペロッ、これはリア充の味!

すごいお洒落な喫茶店が、私のランニングコースの途中にできてから随分時間が経ちました。最近は駅近くだけでなく、郊外店が増えているようで車を走らせているとちょくちょく目撃します。

とても気にはなっていたのです。普段はあまり珈琲は飲まないのですが、高い珈琲は好きなのです。美味しいから。そんな理由で行ってみたかった。

しかしこんなお洒落な喫茶店はリア充の巣窟に違いねぇ。 ああ恐ろしや、恐ろしや…ということで敬遠しておりました。

しかし平日の夜なのですが、とてもくだらない理由で友人が来る事になり、お腹の空き具合が微妙などと言いやがりますので、良い機会や!と星乃珈琲店に行ってみることにしました。

ゆったりとした作り+ルノアールのような雰囲気

今回標的となった店舗も駅からは徒歩で20分はかかる所にあるので、郊外店といっていいと思います。 一歩入ってみると、とても落ち着いた雰囲気+郊外の立地を活かした余裕のある作りが窺えます。

ルノアールが一番近い雰囲気だと思いますね。ルノアールが都市部の駅近くに展開しているのと違って、こちらは郊外に場所を移し、ルノアールよりさらにゆったりと、くつろげる感じです。やっぱりリア充の集うスポットや!いつも駐車場いっぱいだしなぁ。

女性とかカップルがお喋りするのにピッタリだと思いますね~。 でもここは埼玉の田舎だぜ、だぜ。

珈琲店で珈琲を飲まない暴挙

さてさて我々はというと雑談スペースと夕食を求めてここへ来ました。喫茶店では、というツッコミは待って下さい。 ここ、星乃珈琲店はフードメニューも充実しているのです。 「厚切りカツサンド」や「ハムチーズトースト」、「窯焼きカレー」に「オムライス」…十分お腹に溜まるメニューです。軽く夕食を取りながらというシチュエーションでカップルにもやっぱりいいですね。

そして星乃珈琲店の看板メニューだろう扱いをうけているのが、「窯焼きスフレパンケーキ」。う~ん、俺たちは晩御飯を食べに来たのだが… 迷わせてくれますね~、流石星乃珈琲店。

ちなみに本日は友人のデブと元デブ(私)の二人。こんな美味しそうなモノ達が書かれたメニューを前に我慢できるはずがありません。

結局注文したのはこちら。

f:id:LuckyWhale:20141214210026j:plain

「スフレドリア」

f:id:LuckyWhale:20141214210031j:plain

「スフレパンケーキダブル」!

DEBU!DEBUなメニューぅぅ!しかもスフレパンケーキはお食事後にお持ちしましょうか?という店員さんのお気使いに、「食事といっしょで!」と答える始末。デブですデブ。

まずはスフレドリアから。何がスフレなのかというと… ドリアの上にのっかっているドーム状の部分がふわふわになっているのだ! これは何なんでしょう?卵なんだろうか…上部のふわふわ部分と、オムライスの中身のようなドリア、これは美味い! 食が進みます。あっという間に食べ終わり!

続いて「スフレパンケーキ」の処理に移ります。 こちらはシロップを選べるのですが、今回私が選んだのは「ハチミツ」。う~ん、美味しそう。

食べた感想はなんというか、ふわふわのホットケーキ?しつこくない甘さのハチミツとの相性は抜群。これは甘いものが苦手な男性も食べやすいと思いますね。

デザートと食事の中間のようなボリュームにとにかく満足! 満腹、満腹、ご馳走様でした。

f:id:LuckyWhale:20141214210039j:plain

珈琲店に行ったら珈琲を飲め?正論である。が、我々は晩御飯を食べに来たのであった…

様々なシチュエーションにお勧め、ただ野郎と晩御飯を食べに来る場所ではない

その洗練された雰囲気と、食事の美味しさに大満足(しかし珈琲は飲んでいない)。 ゆったりとした間取りに、お洒落な雰囲気。長時間のおしゃべりに、恋人との語らいに、落ち着いた時間を過ごしたいときに、様々なシチュエーションで威力を発揮しそうです。

料理も本格的で十分満足がいくものでした。

その分値段は高めで今日食べたスフレドリア税込み950円、スフレパンケーキダブル税込み700円、合計1650円のお支払い。

提供されるサービスのクオリティと味を考慮すれば相応のお値段だと思いますが、単純に一回の食事に1650円というのは、そう気軽な金額ともいえないのも事実。

普段使いする場所というよりは、特別なお相手を迎えるとき、ちょっとした自分へのご褒美に、などちょっと贅沢を考えているときにはぴったりの場所だと思います。 食いしん坊の野郎二人で来る場所としては考え物なのは決定的に明らか。

もしお近くにあって前から気になっていたりする方は機会があれば利用してみることをお勧めします。