読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万化を楽しむ!

アラサーリーマンが日々思いついた事を書き殴ります。妻も私もオタクな為、オタク関連多めです。

清原和博さんと野球と私

覚せい剤所持で元プロ野球選手の清原和博さんが逮捕されました。

その報道からかなりたってしまいましたが、どうしてもブログに書いて吐き出しておきたくなり、いまさらこの話題を取り上げようと思います。

要するに「やめれくれよ」と言いたくなったのです。

野球が好き

私は野球が好きです。そんなに熱狂的ではないと思いますが、年に何回かは球場に足を運びますし、TVでやっていれば進んでみます。

夏の甲子園をとても楽しみにしていますし、ド素人ですが草野球をやるのも好きです。

好きになったのは高校の頃で、それまでは全く興味がありませんでした。

たまたま通っていた高校が神奈川でベスト16に入るくらいには野球が強く、強制的に参加させられた全校応援でコールド勝ちするのを見て、うちの高校こんな強かったんか、と興味を持ったのでした。

あとは典型的なオタクだったので、コナミから発売されている「実況パワフルプロ野球」シリーズをやっているうちに、野球の世界にはまっていきました。

ちなみに横浜生まれの横浜育ち父は典型的な巨人ファン、という環境でしたが、本当にくだらない理由で私は中日ドラゴンズファンです。

ですが読売ジャイアンツも好きな球団でした。というか2番目に好きです。

中日の前に立ちはだからなければ応援します。

それというのも私が野球に興味を持ち始めた時、巨人には松井秀喜選手や高橋由伸選手、二岡智宏選手や上原浩治選手といったスター選手が多く、その頃入団し、活躍した選手も多かったためです。

高橋選手とか今もファンです。監督大丈夫かな。

なので私は西武時代の清原選手は知りません。私の清原選手のイメージは巨人の清原選手なのです。

私の知っている現役時代

巨人時代の清原選手は、引退した今となって黒歴史のように語られがちですが、私の印象は別に悪くありません。

それは期待からの反動だとは思いますが、FAで移籍してきた頃の成績は十分優秀だと思います。

しかし特別な思い入れも無いため、私の中ではスター選手の一人、という位置づけでした。

巨人からオリックスへ移籍して引退。

私の中では1人のプロ野球選手として特別なものではありませんでした。

知識として

今はめっきり減ってしまいましたが結構本を読む方です。というか活字が好きです。

なので活字媒体で野球の知識を得ることが好きでした。現役のプロ野球選手等が出すような本です。

野村克也さんなどの著書が有名でしょうか。

その他にも記者の方が書いたものなど意外とあるんです。

その中には歴代強打者の話などはよく出る話題で、通算本塁打525本を誇る清原選手も度々目にしました。

通算本塁打525本。この数字を見る限り、清原選手は本当に凄い選手なのです。

素晴らしい結果を残した清原さん。

すると語られるわけです。記録として。

名選手は本にしやすいんでしょうね。例えば最強打者論とかになると度々清原さんの名前も出てくるわけです。

清原さんはこれだけの成績を残しながら打撃のタイトルを取った事がないんです。

「無冠の帝王」なんて書いている本もありました。

そうすると良い話ばかり書かれるわけではない。

現役時代の生活態度なんかにもツッコミが入ってくるわけです。

やれ練習嫌いだの、態度が悪いだの。

それはもう有名税みたいなもので、これだけのスター選手となるとどうしようも無いものだと思います。

メディアも仕事ですから、そういう書き方もするでしょう。

でも例えば元巨人、元ニューヨークヤンキース松井秀喜選手とかですと、そういう黒い話が全く出てこないんです。

するとまぁ清原さんにはある程度ダーティな所もあるのか、ぐらいは思ってしまします。

煙の無い所に火は…

イメージはあくまでイメージですが、今回は麻薬所持というとんでもない事実が明らかになってしまいました。

私個人の率直な感想としては「マジか、やっぱりダーティだったのか」程度でしたが、次々に明らかになっていく真実には脱帽するしかありません。

何よりもプロ野球のスター選手として、野球というスポーツのイメージを著しく損なった事に憤りを感じます。

社会人としても言語道断の所業ですが、プロ野球選手と言うのは一般の社会人には無い華を持っています。

皆を楽しませ、野球をやっている子供たちに夢を与える存在です。

清原さん本人だけでなく、野球というスポーツに与えたダメージは大きいでしょう。

しかし何事も取り返しが付かない、という事はないのかと思います。

ピンチはチャンスとも言えます。

クレーム対応というのはその顧客を取り込むチャンスにもなりえるのです。

ぜひ清原さんには立ち直っていただいて、本人と野球のイメージ回復に努めていただきたい所ですが、今後はどうなるのでしょうか…

今思えば離婚されたタイミングからして家族は気が付いていたのでしょうかね…

昭和の熱狂的な野球人気が下火になり、サッカーに押され肩身の狭い野球がこれ以上縮小されるのはいちファンとしてほんと勘弁です。

開幕も近い事ですし、即急にクリーンな対応をお願いしたいところです。

最後に

今年も無理っぽいが、私は中日ドラゴンズの優勝を信じています(白目)

男道 (幻冬舎文庫)

男道 (幻冬舎文庫)

完本 清原和博 (文春文庫)

完本 清原和博 (文春文庫)

www.banka-enjoy.jp

www.banka-enjoy.jp

www.banka-enjoy.jp