読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万化を楽しむ!

アラサーリーマンが日々思いついた事を書き殴ります。妻も私もオタクな為、オタク関連多めです。

モンスターハンタークロス ガンナー入門指南③ その他の弾たち


【ライトボウガン/完全版】MHクロス武器紹介動画

モンハンガンナー入門その3となります。

前回のその2では通常弾、貫通弾、散弾の物理弾3種類について書かせていただきました。

ライトボウガンヘビィボウガンの主力となる弾達です。これらの弾を使いこなす事がガンナーの第一歩となると思います。

もちろん他にも弾の種類は沢山あります。というかシリーズを重ねるごとに増えて行っています。

全部を紹介するのは中々難しい上、役に立たない弾もあるので、その他の役に立ちそうな弾を紹介していこうと思います。

名前そのまま主力にも張れる属性弾

まんま名前のままである属性を乗せて打ち出す属性弾です。モンハンには大雑把に5種類の属性(火、水、氷、雷、龍)があり、それぞれモンスターには弱点となる属性が設定されているケースが殆どです。

剣士の武器にも属性値があるものがあり、その属性値の追加ダメージが見込めます。

この属性弾はダメージの殆どが属性ダメージで純粋に弱点となる属性弾を使用することで、効率良くダメージを与えられるます。

基本的には銃が得意とする属性は多くないので剣士と同様に使い分ける必要があります。なのでガンナーは相手に合わせて様々な銃を用意するのです。手間ですね(だがそれがいい)。

属性弾にクリティカル距離は設定されていないので(正確にはある)射程距離一杯まで有効です。しかも今作から内蔵弾という、クエスト開始からボウガンに内蔵されている弾が登場しました。

この内蔵弾は属性弾も豊富で今までは各属性で一種類だった属性弾にLv2、貫通属性弾Lv1、Lv2が登場し、ライト、ヘビィ共に有効な攻撃手段になりました。

スキルで威力を盛る事もできるので属性特化の装備も今作は有効です。上位固体を内蔵弾だけで討伐することも可能なので主戦力になりうる弾丸となります。

ボウガンを担ぐ時には撃てる属性弾も考慮して銃を選ぶと良いでしょう。

爆殺!味方も吹き飛ばす、爆破系弾

主に徹甲榴弾、拡散弾、内蔵弾の一部がこれらにあたります。爆破属性武器の爆破とは別物です。

基本的な性質として、モンスターに当たった後爆発し、その爆風でダメージを与えます。

特徴として、このダメージは肉質を無視します。

モンハンのモンスターは頭なら頭、足なら足とダメージの与えやすさの目安となる「肉質」をもっています。

この数値が高ければ高い程ダメージを与える事ができ、弱点となるわけです。

如何にこの肉質の軟らかい所を攻撃するかがモンハンの難しい所なのですが、この爆破系の弾丸はこれを無視して、当たればほぼ固定でダメージを与えるのです。

属性弾はガンナーの基本であるクリティカル距離は無視できるのですが、肉質には左右されます。爆破系弾はそれすらも無視してとりあえず当たればオッケーという規格外の弾丸なのです。

そのかわり持ち込み数が総じて少なく、反動も大きく使い勝手が良いという訳ではありません。

これらの弾丸が得意な銃でも爆破系の弾丸のみでモンスターを倒し切るのは難しいです。

調合分を持ち込めば討伐も可能ですが、素材は簡単に調達できるものばかりではないので運用コストはとても悪いです。

徹甲榴弾はモンスターに当たった後、数秒後に爆発し、頭に当てた場合めまい値を蓄積させる事が可能です。

このめまい値はスタンを取ることができる現実的な数値なので、徹甲榴弾によるスタンは有効な戦術となります。

しかし持ち込み数が少なく、調合も素材調達から難しい為、慎重に頭を狙う必要が出てきます。

銃によっては罠や状態異常を駆使して拘束し、スタンを狙うと良いでしょう。

拡散弾はモンスターに命中した後、クラスター爆弾のように子爆弾をバラまき、その子爆弾の爆風でダメージを与えます。

よって当てる場所に気を使う必要がある他、子爆弾の爆風は味方を吹き飛ばすので、剣士が混在するパーティーでの使用は厳禁です。

この拡散弾はLv2の調合素材が比較的調達しやすいため、このLv2を調合しながら撃ちこむ戦法がしばし取られる事があります。通称拡散祭り。

肉質無視で射程も長いため、極めて強力ですが、もはや別ゲー、モンスター「シューティング」ハンターになってしまいます。

ですがシステム的に強くて、糞肉質のモンスターを素材目当てで周回する必要があるのも事実。

たまには拡散祭りに頼りたくなる事もあるのです。

持ち込み数が少なく、運用コストも高いが、肉質無視で強力。

この特性を最大に活かすのがパーティプレイで、装備で反動を消し、4人全員が爆破系を得意とする弾丸を撃ちまくるというものです。

徹甲榴弾のスタンも相まって、後にはペンペン草も残らないでしょう。集会所最終の倒すとHR解放となるあのボスモンスターを4人で3分間もかからず爆殺するそうです。

しかしモンハン本来の楽しみ方と言えば微妙です。でも強い。

物欲センターに疲れてしまって、楽をしたい貴方。一考の余地ありです。

サポートの花形、状態異常弾

モンスターはハンターに対して力押しの攻撃だけでなく、様々な搦め手を使って攻撃してきます。

状態異常はその代表で、じわじわと体力を奪う毒、こちらの自由を奪う麻痺に睡眠など、mhxはモンスターの使用する状態異常もパワーアップしており、非常に厄介です。

その状態異常はハンターも使用することができ、モンスターを毒にしたり、麻痺状態にしたりすることで狩りを有利に進める事ができるのです。

剣士の武器でもモンスターに状態異常を与える事ができるのですが、発動がランダムで中々計算通り、に状態異常にかける事が難しいです。

ライトとヘビィの使用する状態異常弾はLv1とLv2があるのですが、状態異常の蓄積値が決まっているので何発当てれば麻痺や睡眠などの計算が容易です。

この性質から睡眠からの爆弾による部位破壊などの戦術が取りやすく、応用が効くのが特徴です。

麻痺や毒などはパーティプレイでも重宝されるので、撃てる銃なら弾を持ちこんでおいて損は無いかと思います。

ですが爆破系の弾丸と一緒で持ち込み数が少なく、何度も状態異常にかけるには調合素材の持ち込みが必要になってきます。

撃ったさいの反動も大きく、状態異常だけでは討伐は難しい為、用途を考えて運用する必要も出てきます。

しかし応用力も高く、貴重な拘束の手段にもなりますので、状況にあわせて運用し、狩りを有利に進めましょう。

他にも沢山あるのだけれど…

この他にも持ち込み弾、内蔵弾含めて沢山の弾があります。

ペイントボールの効果を与える、ペイント弾に閃光玉の効果のある閃光弾。防御力を高める硬化弾に回復効果のある回復弾。

銃の性質上武器を出して弾を装填して撃つ必要があります。それならペイントボール投げた方が早い、という場合が殆どです。

弾なので投げるより射程は長いんですがね…

なので威力がある弾や、サポートに直結する弾が少なく、それを撃つなら他の弾撃て!というケースが殆どとなってきます。

また内蔵弾は銃に依存するので挑むモンスターと全くかみ合わないケースもあるかと思います。

他の多彩な球はあくまでサポートの一部として使用する感じで、上記の弾達を使用してより有利に狩りを進めていって下さい。

主に弾に関してはこんな感じです。

もうちょいガンナー関係の記事は続けていきたいと思います。

モンスターハンタークロス

モンスターハンタークロス

モンスターハンタークロス 公式ガイドブック (カプコンファミ通)

モンスターハンタークロス 公式ガイドブック (カプコンファミ通)

www.banka-enjoy.jp

www.banka-enjoy.jp

www.banka-enjoy.jp