読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万化を楽しむ!

アラサーリーマンが日々思いついた事を書き殴ります。妻も私もオタクな為、オタク関連多めです。

モンスターハンタークロス 武器種 弓 使用感など感想


【弓/完全版】MHクロス武器紹介動画

皆さん、モンスターハンターしていますか?

私はまだまだしています。

前作のモンスターハンター4Gは100時間程度しか遊んでいなかったのですが、今作クロスは200時間をこえてもまだまだ遊んでいます。

そろそろ終わりが見えてきたかなぁ、と思ってはいるのですが、2つ名などやり始めると止め時を見失ってしまいます。

ゲームはモンハンしかやってねぇ…それはそれで楽しいのですが(笑)

ハンターランク解放前後まではほぼヘビィボウガンのみでプレイしてきましたが、段々とこの武器が強いだのあの武器が強いだのと情報が出てきます。

その中でも話題になっていたのが弓でした。

昔は私も弓を使っていたのです。ガンナー全般を使っていました。

しかし弓は犠牲になったのです。

そう、4からの新要素、乗りを活かすために現れた地形の「高低差」に。

狙うのに、邪魔


『モンスターハンタークロス』 徹底解説 狩技×狩猟スタイル篇

ガンナーは弓、ボウガンどちらでもハンターの向いている正面に弾が飛びます。

ですがそこから照準を合わせる事によって飛ばす方向を指定することができます。

この照準には簡易照準とスコープモードがあり、ガンナーの人は好みによって使い分けていると思います。

ガンナーは基本的に弱点を狙い撃つので

攻撃するぞ→狙いを定める→弾を撃つ

というパターンで攻撃します。

照準モードを使わないで撃つパターンもあるにはありますが、基本は狙うのです。

この狙いをつける行動を大きく阻害したのが高低差がもたらす障害物でした。

これが登場する以前も高い位置の頭などを狙う場合は上に照準を合わせる事はありましたが、その機会が増加した事によってエイムが阻害されたのです。

これで私は弓の使用頻度ががくっと下がりました。

そもそもヘビィボウガンで良いパターンが殆どだったので、必然的にヘビィの使用頻度が増え、弓は使わなくなってしまいました。

剛射による復権とブシドースタイル

弓もシリーズが進む事により新しい機能が追加されていったのですが、その中でも弓の強さを押し上げたのが「剛射」の存在です。

これは弾を撃った後に追加でスタミナを消費する事によって「一段階上の溜めLvの射撃を放つ」というものです。

限定的な状況ですが一気にダメージ効率を引き上げる事になります。

4Gでも剛射の強さは話題になっていたようですが、今作クロスからはさらに気軽に撃てる事になって、その強さが話題を呼びました。

昔のフィールドが増えて高低差がそこまで気にならなくなったというのもありますね。

さらにガンナーとは相性抜群のスタイル「ブシドー」がこれまた弓とも相性が良く、ガンナーの低い防御力を補完するとともに、ジャスト回避を行うと直後にノータイムで溜め段階の最高の射撃を撃つ事ができると、攻撃面でも強化が加わります。

さらに狩技の「アクセルレイン」また強く、溜め時間の短縮と移動速度の向上と弓の強みをこれでもかと強化してきます。

しかも「アクセルレインⅢ」となると硬化時間は90秒。

十分実用に耐える時間です。

追加要素がことごとく強化につながった弓は、今作屈指の強武器へと生まれ変わったのです。

基本は変わらず、連射が使いやすい

使ってみた感想なのですが、強いです。火力に関しては殆どの剣士武器より上ではないでしょうか。

PTプレイ前提で火力でごりごり押す「モンスターハンターフロンティア」でも「ソロなら最強」といわれていただけあります。

ジャスト回避を十分に活かす事ができるソロプレイでも強いですが、剛射の機会が増えるPTプレイでも十分強いですね。

しかし基本を理解して使わないと、力を発揮できないのはガンナー共通。

使いこなせないとミジンコ以下の火力です。

そしてマルチプレイではHR100をこえているのに弓をまるで理解していない立ち回りの方も多く見かけます。

弓の攻撃は基本「溜め」という動作を行う事から始まります。

攻撃に割り振られたボタンを押すと、弓を引き絞り「溜め」状態になります。

ここで弓に割り振られた最大の溜め段階(殆どは3になります)になって初めてスペック通りの威力を発揮できるのです。

最大の溜め段階まで溜めた後ボタンを話すと溜め段階に応じた状態の矢を放ちます。

また弓のそれぞれの溜め段階には矢の種類が設定されており、「連射」、「拡散」、「貫通」、今作から追加された「重射」となります。

「連射」はレベルに応じた本数の矢がまとまって正面に飛んでいきます。もっともスタンダードで使いやすいです。クリティカル距離は前転回避1.5回分程度にあり、近すぎても遠すぎてもいけません。

「拡散」は横に広く矢を放つ射撃で、クリティカル距離は連射よりも近いのですが、モンスターに密着する距離だと近すぎます。

「貫通」はボウガンの貫通弾とほぼ同じでモンスターを貫通する矢を一本放ちます。大型のモンスターに有効です。

「重射」は今作から新たに登場した弾で、部位破壊を行いやすく怯みを取りやすいらしいのですが、使える弓の種類も少ないのでまだ未使用です。

弓は溜め段階の最高、基本は溜め3での運用になりますのでこの溜め3がどの射撃の種類かが重要になってきます。

なので溜め3が「連射」の弓を「連射弓」、「拡散」の弓を「拡散弓」、貫通の弓を「貫通弓」と呼びます。

それぞれ利点があるので一概に優劣をつけるのが難しいのですが、ガンナーの基本となる「弱点を狙う」というのを行いやすい「連射弓」が使いやすいと言われており、私も連射弓が使いやすいです。

ビンとスキル

さらに弓にはビンと呼ばれるアイテムを装填することができます。

これによって数に限りはあるものの状態異常等を付与できるのですが、最も重要なのが「強撃ビン」と呼ばれるビンです。

Lv1とLv2がありLV1は威力に「1.35倍」、Lv2は「1.5倍」の補正がかかります。

この値は破格で、弓の火力は「強撃ビン」の使用が前提であり、持ち込める数が限られているのでこのビンが無くなると弓の火力はがくっと下がってしまうのが欠点です。

この強撃ビンは基本Lv1とLv2どちらかのみ使用できるという弓が多いのですが、まれに両方使用できるという弓があります。

これは数値以上に強みで、総合的な火力は上になる、という事が多いです。

大体持ち込みの強撃ビンのみで倒せる事の方が少ないので。

また弓はほぼ必須といわれるスキルがあります。

大剣などでも重宝される「溜め短縮」とガンナー御用達の「各弾強化」です。

溜め短縮は純粋に溜めにかかる時間を短縮できるので攻撃効率を上げ、火力の底上げにつながります。

また弾強化の強化倍率もとても優秀な為、こちらも付けるのが基本です。

後は弱点特攻なり見切りなり攻撃なりの火力スキルを積むのが通例になっています。

またクタビレダケが強走薬の代わりになる「キノコ大好き」も弓使いにとっては便利なスキルなのですが、強走薬で代用が効くため、火力スキルを積む方が良いとされているようです。

これが合わさってこその強さ

弓は強いです。

まれに弓が4人とかのPT構成になるのですが明らかに速いですからね。

それはともかく、マルチプレイを行う場合、どの武器を使用しても適正に使用できていれば良いと思っているのですが、「弓は強い」という噂ばかりが先行して、立ち回り等が疎かになっている弓使いの方が多い気がします。

圧倒的に増えたと思うんですよね、弓を使っている人。

弾強化はおろか溜め短縮のスキルが付いていない人も見かけますし、そういう人に限って溜め1を連射していたり、クリティカル距離のはるか遠くから矢を撃っている人もいます。

ガンナーで立ち回っているとそういう人がまる判りなんですね。

剣士よりも遠い間合いでモンスターを見ているので、大体他の人も画面に収めながら戦うことになります。

すると剣士でも手を抜いて戦っている人やガンナーでも的外れの立ち回りをしている人が判ります。

剣士はちょろちょろ動き回って攻撃しませんし、ガンナーだとクリティカル距離以遠の攻撃で火花を散らしたり、弓では溜め1連射だったり、

なので弓以外でもガンナーを始めようという方はスキルと基本的な立ち回りを勉強してみて、まずはリオレイア辺りにソロで挑んでみてください。

立ち回りとスキル、武器選択がハマった時の弓の強さに驚くはずです。

武器に関しては溜めと射撃を考慮するのは当然ですが、巷で強いと言われている「勇猛と光明の凄烈弓」通称テオ弓が弓の筆頭候補でしょうか。

マルチプレイでも使用している人は多いです。

スペックは威力230、属性で爆破30、スロット2、溜め段階が使いやすい溜め3連射、ビンも強撃ビンLv2対応と正直圧倒的な汎用性です。

しかも作成は比較的簡単。

これに上位シャガル防具に集中をつけた組み合わせがある種のテンプレ装備と言えます。

もちろんモンスターによって各スキルや武器を考察して最適を選ぶことが大切ですが、テオ弓担いでシャガル一式に集中がついて、適切に戦ってくれれば、とりあえず十分なんではないですかね。

適切に、という所が大切ですが。

私も各射撃各属性の弓を作ってはみましたがそもそも微妙な弓もあるのでテオ弓が上という事も多いはずです。

最近2つ名に手を出し始めたので、2つ名弓も作ろうと思っていますが、2つ名武器はスロットが空いていないのでお守り次第なのがなんとも。

金策も含めてたんほれですね。

ガンナーは準備と知識が大事

弓に関してもガンナーは知識と準備が大切、という格言が当てはまります。基本を押さえて貴方もハッピー、PTメンバーもハッピーな関係を目指しましょう。

しかし新要素が全て強化につながったと言っても過言ではない弓。

今作のスタッフには強烈な弓ファンがいたのでしょうか?

かなりバランス関係が良調整だと思う今作なのですが、これだけ武器種があれば優劣がついてしまうのは、ある程度しかたがないといったところでしょうか。

しかしガンナーメインの私としては全体的にガンナーの地位が向上して嬉しい限りです。

一昔前はヘビィボウガンとか担いでいる人を探すのが難しい位でしたからね。

ヘビィ、弓、ときて、今はライトボウガンも触っています。

もうガンナー一色ですがライトについても機会があれば書いてみたいと思います。

モンスターハンタークロス

モンスターハンタークロス

www.banka-enjoy.jp

www.banka-enjoy.jp

www.banka-enjoy.jp