読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万化を楽しむ!

アラサーリーマンが日々思いついた事を書き殴ります。妻も私もオタクな為、オタク関連多めです。

パワプロ2016 マイライフ 実践 ちょっとお役立ち攻略&メモ

f:id:LuckyWhale:20160902081833p:plain

先日紹介しましたパワプロ2016こと「実況パワフルプロ野球2016」。 絶賛プレイ中ですが、まず私が始めたのは数あるモードの中でも入団から引退まで1人のプロ野球選手としての人生を楽しめる「マイライフ」モードです。

マイライフを始める際にキャラを作成してもよし、サクセスやパワフェスで作成したキャラを使用して初めてもよし、と実際のプロ野球球団に入団するか、今作からはアレンジチームでのプレイも可能だそうです。

この「マイライフ」、プロ野球選手となってシーズンを戦っていくわけですが工夫すると色々な楽しみ方があるんですよ。

このマイライフ、プロ野球選手としての人生を楽しみながら、使用中のキャラをオリジナル選手として登録する事が可能です。 マイライフで使用したキャラでプレイしても、サクセスで作成したキャラを使用しても、マイライフ中で試合に出たり練習したりすると「成長」します。

そしてシーズン終了毎にキャラの登録が可能です。 なのでサクセスキャラをマイライフで使用するとさらに能力を伸ばす事が可能なんですね。

その場合マイライフで登録したキャラは再度マイライフで選択する事はできませんので、延々とループさせる事は不可能です。

試合では良い結果を出した方が能力の伸びはいいので、コンピューターの難易度を落として、ありえない記録で無双するのも良いですし、コンピューターのレベルを上げてじっくりプレイする事もできます。

また自分でプレイする必要もないので試合をオートで飛ばし、記録のみを楽しむ、といったプレイも可能です。

f:id:LuckyWhale:20160902084853p:plain

その場合能力相応の成績になりますのであまりにキャラの能力が低いと1軍に上がるどころか、結果を出せず、数年で解雇という可能性もあるのがマイライフです。

さらに最長30年までプレイができるようになったので、リアルレジェンド昌プレイも可能となりました。

記録面も充実も凄くて試合別記録や試合分析で、1試合毎の詳細記録やシーズンの投球、打撃成績を細かくチェックできるようになりました。 さらに「マイ記録」ではシチュエーションごとの通算対戦記録なども確認できて、正直これを眺めているだけでも野球ファンにはたまらないものになっていると思います。

さてそんなマイライフ、私は純粋に長期サクセスと見立てて育成に重点を置いてプレイしてみました。

と、いっても久しぶりのパワプロ、久しぶりのマイライフという事で後から知った情報も多くあります。 それも含めてプレイして判った事、効率よい育成の方法を書いてみたいと思います。

最初はプレイヤー設定

f:id:LuckyWhale:20160902082053p:plain

まずは自身の分身となるキャラ作成から。

マイライフで1からキャラを作るか、サクセスキャラを使用するか、になります。 ここは好みになるかもしれませんが、マイライフプレイ中では取得する事の出来ない能力があります。

今のところで確定ではないかもしれませんが、「オリジナル変化球」と「金特殊能力」です。

この二つはサクセスキャラから持ち込む意外にないと思われます。 また一部の特殊能力も取得することはできないものもあるので注意は必要です。

サクセスキャラはそのままの能力でスタートですが、マイライフオリジナルで始める場合はキャラメイクが必要になってきます。

このキャラメイクは高卒、大卒、社会人、ドラフト順位と長所短所で能力が決まります。 スタート年齢が上がるにつれて、ドラフト順位が上がるにつれて初期能力が高くなる仕組みです。

よって初期能力は社会人のドラフト1位が一番高くなりますが、このモード、一定の年齢から能力が衰え始めます。

私自身がプレイして確認した訳ではないのですが、昔のマイライフはドラフト順位が高ければ高い程早くから衰え初めました。

ですが最近のマイライフは一律30歳から能力が衰えてくるようなのです。

なので社会人から始めると、それだけ衰えるまでの時間が少なくなる事になります。 スパルタで育成すれば、初期の能力ボーナスよりも1年での伸びの方が大きいです。

純粋なおすすめは高卒ドラフト1位です。能力劣化までの猶予が一番ありますし、高卒の中では高い能力になります。 さらにドラフト上位だと初期年俸も高くなるのでお得です。

年俸はいくら活躍してもその年の年俸の5倍までしか上がらないので初期の少しの差が上がり具合にも関係してくることになります。

この能力劣化までの期限はアイテムで延長する事が可能です。 2016では「ヤモリの干物」、「酸素カプセル」、「冬虫夏草」です。 これらの詳細な効果は攻略本にも乗っておらず、私が実証した訳でもないのですが、過去作品ではヤモリ1つで0.1年分、酸素カプセルは所持していると毎月0.1年分(但し一年で壊れる)劣化寿命が延びると言われています。

冬虫夏草は良く分かりません(笑)

ヤモリの干物は施設のショッピングモールLv2で水曜日に訪問すると1つ5万円で99個購入する事が可能です。年俸が上がれば大した金額でもないので、この方法でまとめ買いするのが良いと思います。

次に特殊能力と変化球の話です。

上記にも書きましたが取得できる出来ない特殊能力と、取得しにくい特殊能力があります。

マイライフでは特殊能力を取得する方法として、装備アイテムによる経験値の増加、読書で本を読む、OB特訓、通年での成績、施設利用、春季キャンプでのコーチ特訓があります。

この中でコーチ特訓とOB特訓は所属球団によって大きく関わってくる上、コーチ特訓は取得に時間もかかります。

読書等で取得しにくい特殊能力を優先的に春キャンプで鍛えると良いと思います。 投手なら「ジャイロボール」、「根性○」、「クロスファイヤー」、「対強打者○」等でしょうか。

また変化球については春キャンプとOB特訓で新球種を取得する事ができますが、球種を増やすと変化球レベルを上げるのに必要な経験値まで上がってしまいます。

欲しい球種がある場合はうかつにOB特訓を繰り返すと意図しない変化球を憶えてしまう事もあります。 狙っている変化球がある場合は注意が必要となります。

OB特訓については攻略本にもあまり詳しく書かれておらず、ネット上を探して見てもあまり情報はありませんでした。

一番詳しかったのが前作2014のwikiかと思われます。

http://powerpro2014.wiki.fc2.com/

2016になって少し変わっているようで投手だと中日は今中選手しか出会えませんでした。 不透明なんですよね、各種データが。全体的に… 最初はここまで厳選する必要もないかと思いましたが自分で全てをプレイすると1シーズン終わらせるのにそれなりの時間がかかります。

勧めてしまうと後戻りが効かないのでこだわりがあるならば最初にチェックしておいた方が後悔は少なくて済むでしょう。

マイライフの流れ

f:id:LuckyWhale:20160902082433p:plain

さてプレイヤーキャラを決めた後は入団、春季キャンプ、オープン戦、シーズン開幕という流れに。

キャンプ練習では欲しい特殊能力と変化球を中心に練習し、オープン戦でかなりの活躍をすれば(投手だと無安打無失点)開幕一軍を勝ち取ることが可能です。

ここは当人の腕とゲーム難易度に関係してくるので一概にいえませんが、育成においては当然一軍が有利ですし、チームも優勝した方が良いです。

なのでこだわりが無ければゲーム難易度を「弱い」に設定し、さくっと一軍に上がって下さい。

一軍に上がると投手の場合は中継ぎ、敗戦処理的ポジションで使われ、ある程度実績を上げるとミッション「信頼の中継ぎ投手」が発生。

10回の登板機会全てを1失点以内に抑えるとクリアとなり、こちらの希望通りの起用法を聞いてくれるようになります。 中継ぎですと登板機会が試合の展開に左右されるので、このミッションをクリアするのに結構時間がかかることがあります。

晴れてミッションをクリアするとスタメン争いとしてライバルを指名され、ライバル以上の活躍を一定続けるとスタメン定着という流れに。

後は活躍次第ですが、防御率3点以内なら2軍に落とされる事は無いと思います。

育成理論

育成の基本は、試合での活躍、練習コマンド、フリー行動が基本となります。

試合での活躍はそのままで良い結果を残せば残すほど能力の伸びは早いです。 コンピューターの難易度を落とした方が有利なのは言うまでもありません。

そこはお好みのプレイスタイルで。

試合と練習で得る経験値は強化項目という育成方針のようなものを設定する事で割り振られます。

技巧派ならコントロールと変化球に、本格派なら速球とスタミナに多く経験値が割り振られるといった具合です。 また単独でステータスを指定する事もできて、その場合一点集中で能力はぐんぐん上がっていきます。

試合で得られる経験値はやはり大きいのでこの指定は重要となってきます。 能力アップは試合での活躍にも直結しますので、野手ならミートやパワーを先に挙げておくと打撃に有利に働くと思います。

次は練習コマンド。 フリー行動が選べず、練習か休憩かを強要される日があるのですが、正直たいして経験値はもらえません。

やらないよりはましなので現在伸ばしたい能力の練習コマンドを選びましょう。

育成の中心となるのがフリーで選べるコマンドとなります。 特にOBに特訓してもらうOB特訓の効果は凄まじく、これが一番経験値をもらえます。

OBと出会うには春キャンプに訪問してくる、チーム優勝時に出会う、施設で出会う等があります。 まずは2年目の春キャンプで自軍のOBと出会えますが、他の球団のOBとも知り合いになる事は可能です。

その場合ある程度の知名度(年俸かファン数?)が必要ならしいですが、そのOBが住んでいる地域の公園や食事処に行った時に偶然出会い、その際に指導をお願いすると特訓が可能になります。

私は全て公園で出会いました。しかも出会えなければリセットで出会える事もあったので完全にランダムだと思います。

OB特訓はそのOB特有の能力2つを他の練習とは比べ物にならない速度で成長させてくれます。 しかし信頼度が低いと失敗する可能性が上がる+そのOBがいる地域にいないと特訓を受けられません。

なので所属リーグの遠征先に特訓できるOBを出現させておいて、本拠地でも遠征先でもまずはOB特訓を狙っていくのが効率の良い育成方法になります。

次に特殊能力を手軽に取得できる「読書」です。 限られた地域にしかありませんが、本屋で購入できる本を読むだけで特殊能力の経験値を得る事ができます。

読書スキルのレベルによって読める本の種類が変わってきますが、基本読むだけなのでお手軽です。 OBが出現していない遠征先等では優先して選びたいコマンドです。

基本能力はOB特訓優先で伸ばし、特殊能力は読書で取得していく、というのが基本の流れとなります。

一年目についてはOBとは出会えないので読書を優先して特能を取得するのも良いですが、マイライフお馴染みのオリジナルキャラ、同期入団の「奥居」と練習するのもありです。

この奥居、フリー行動時に電話をすると一緒に練習することが可能です。 練習で入る経験値自体はそこまで高くありませんが、その際に奥居も一緒に成長します。

その成長率がバカにならず、こやつは野手なのですが一度一緒に練習する事にどれかの基礎能力が上がります。

一年目ほぼ付きっきりで一緒に練習をすると、オールBくらいまで上がります。 その後も練習を続ければどんどんと成長していきますので、奥居の成長はチーム力アップにつながり、チームが優勝しやすくなります。

なのである程度は奥居と一緒に練習をしておく事をお勧めします。

このサイクルが出来上がってしまえばあとは作業っぽくなってしまうので毎年上がる能力ににやにやしながら気のすむまでマイライフを楽しんでください。

能力がある程度まで上がってしまえば試合はスキップしてもそれなりの成績を残してくれると思います。

基礎能力は基本的に上がれば上がる程必要経験は多くなっていきます。 特に変化球はレベルを上げるだけでなく、球種を増やす事でも必要経験値が上がるので、決め球を作りたい等優先する変化球があるなら注意が必要です。

年俸なのですが、先発投手で防御率1.00以下、勝率100%、20勝以上、その他のタイトル総ナメでも5億円以上6億円以下となります。 彼女候補の1人に年俸5億以上というキャラがいるらしいので先発で無双すればそのラインには届きます。

あとは二刀流で打者タイトルを取る必要があるのかと思います。

年俸は1億を超えてくればそこまで必要であるとも思いませんが、自宅として購入できる「豪邸」は価格が20億円なので豪邸購入を目指すのも良いかもしれません。

f:id:LuckyWhale:20160902084941p:plain

彼女と結婚については育成に有利に働くかは謎ですね… なんかメリットあるんでしょうか。

私は未検証です。

※追記 結婚もしてみました。ちなみに十六夜 瑠菜さんです。 彼女候補と結婚するには固有のイベントを達成せねばならないケースもあるようで、瑠菜を彼女にすると1年間アメリカの独立リーグに挑戦する、というイベントがおきます。

この1年間は電話のみで会えず、独立リーグで活躍できなかった、と帰ってくるイベントが起こった後、条件(年俸5億円以上、らしい)をクリアして指輪を渡してプロポーズで結婚できました。結婚式は無し。

今のところ特別なメリットはあまりありません。月間MVPを取った時に調子が上がったり、ごく稀に体力を回復したりしてくれる程度です。 結婚1年目のシーズン中にご懐妊しました。

後は知り合いやチームメイトの評価です。 これは上げておいた方がよいとは思いますが、正直練習に力を入れていると奥居以外の人の評価は殆ど上がりません(笑)

チームメイトや他球団の選手の評価が高いと引退する時に何かアイテムをもらう事ができます。 毎年1人で、もらえるアイテムもミッション達成時のご褒美や、OBが観戦した時に活躍した時にもらえるアイテムと同程度なので、ゲーム進行にそれほど大きな影響を与える事はないかと思います。

中には有能なアイテムもありますが、まぁいずれ手に入るでしょう。

今作からある程度活躍すると多球団の選手をライバルとして登録する事ができ、その選手と対戦する際にイベントが起こるようになります。 これも一件無意味っぽいですが、評価を高めると(7、8割程度?)ライバル選手から自分モデルの野球道具の開発を進められるイベントが起こります。

店でも購入できるグラブやスパイク、バットですが、この自分モデルの野球道具はバカにできない能力アップが見込めます。 例えばスパイクだと球速3km、スタミナ7アップです。

普通に対戦して、抑えていれば、シーズンを回しているうちに勝手に手に入るかと思いますが、ライバルは設定しておきましょう。 ちなみに野球道具はシステム→登録設定→装備設定で変更が可能です。

なんでか判り難いです(笑)

こんなところでしょうか。 まだまだ手作繰り状態&定期的にプレイしているモードなのでさらに有力そうな情報が入れば随時更新していきたいと思います。

追記 二刀流

今作から加わった要素として投手は二刀流にチャレンジする事ができます。

条件としては投手適性とは別に野手のサブポジを持っている事です。 この条件は春キャンプでサブポジ特訓を選べば割かし直ぐにサブポジションを得る事が可能です。

しかも3回同じポジションを選べばメインポジションと遜色ない守備力を手に入れる事ができます。

投手の打撃能力はサクセスで二刀流を見越して鍛えなければ散々たる数値であると思います。

しかし打撃は腕と設定ロックオンで補えます(笑)

CPUの難易度にもよりますが3割は難しい数字ではありません。

ロックオンレベルMAXならばタイミングが合えばバンバン打てます。

弾道1ではホームランを打ちにくいので、弾道2、パワーD程度を目指しましょう。 バンバンホームランを量産できるようになります。

また特殊能力の「パワーヒッター」を取得すると、強芯での飛距離が段違いになります。 また流し打ちでホームランが出やすくなる「広角打法」有効です。

広角打法とパワーヒッターはミッションクリアで手に入る「バット」を使用して伸ばす事も可能です。

打撃はロックオン設定とCPU難易度でどうとでもなると思います。

ローテーションとスケジュールですが、体力さえあれば全試合に出場する事が可能です。

先発ローテーションに加わり、野手としても出場する。 現実ならばかなり無理がありそうですが、マイライフでは練習コマンドでも休憩を選ぶことが可能ですので、ピッチャーとして先発した直後に休憩を入れる間もなく試合がある場合以外は、無理なく出場できると思います。

ステータスの回復が高ければ試合出場で消費する体力を軽減できます。 こちらは投手として先発ローテーションを守り続ければ、年末に上がるのであまり気にしなくてもよいかもしれません。

また二刀流を始めると、野手のOBとも出会えるようになり特訓を受ける事が可能になります。

野手としても読書とOB特訓は育成の肝になりますので、同じ手順で各遠征先のOBと出会って選択肢を広げて下さい。

メインポジションの関係で手に入る特殊能力は限られてきますが、十分に野手能力を伸ばす事は二刀流でも可能です。

試合に出場する機会は増えるので必然的に試合出場での経験値は増えますが、フリーで行動できる回数は減ります。 しかも体力調節がシビアになるため、さらにフリー活用できる機会は減ってしまいます。

※追記 1ヵ月程放置して再度マイライフを再開しましたがアップデートがあったのか、二刀流プレイ中の自由行動、フリーの回数が大幅に増えました。 試合と移動以外ほとんど毎日フリーが入ります。これは試合出場回数、OB特訓の回数をかなり稼げるため、育成に有利だと思います。

しかし投手と野手両方のタイトルを獲得できるためタイトルを総ナメにすると8億程度の年俸が望めます。

もはやそこまで行くと使い道はありませんが、参考までに。

www.banka-enjoy.jp

www.banka-enjoy.jp